新型コロナ【北海道 中富良野町】小学生児童の感染経路は中国人観光客?小学校はどこ?

2020年2月22日に、北海道で新たに新型コロナウイルスの感染者が発表されました。

感染が確認されたのは、中富良野町に住む小学生の兄弟で、10歳未満の感染が認められたのは国内で初めてとなりました。

北海道に住む、子供をもつ親からは心配の声が多く上がっています。

新型コロナウイルス【北海道】小学生児童の感染経路は?

北海道の児童が新型コロナウイルスに感染しましたが、感染経路についてはまだわかっていません。

中富良野町には、夏季には中国からも多くの観光客が訪れる地域なので、観光客からもらった可能性も考えられますが、冬はそれほど多くありません。

また、海外渡航歴はないことから、人が多く集まる場所【さっぽろ雪まつり】などが考えられます。実際、雪まつりで感染した人も出ていますからね。

直近の海外渡航歴はなく、道は感染経路や濃厚接触者を調べている。

さっぽろ雪まつりは2月11日まででしたが、ウイルスの潜伏期間を考えると、9・10日の週末か11日の祝日に雪まつりに行った可能性も考えられますね。

新型コロナウイルス【北海道】小学生児童が受診した病院は?

中富良野町の児童2人が受診した病院は、上川管内となっていますが、この地域で感染症病棟があり、対応できそうな大きな病院は、次のとおりです。

 

  • 市立旭川病院
  • 名寄市立総合病院
  • 富良野協会病院

 

中富良野町の弟は15日に発熱し、上川管内の医療機関を受診し、19日に別の同管内の医療機関の感染症病棟に入院した。15日以降は登校していない。兄は18日に発熱して学校を早退し、19日に弟と同じ医療機関に入院した。

新型コロナ感染【北海道】小学生兄弟の通う小学校はどこ?

兄弟で新型コロナウイルスに感染しましたが、弟は学校へ投稿していないものの、兄は一度、登校してから早退したと報じられています。

小学校は、【中富良野小学校】だと一部報道で報じられていました。

同小の児童数は昨年11月時点で208人で、21日の給食後に保護者らに付き添われて全員下校。教職員らが校舎内の消毒作業を行った。3連休明けの25日以降の授業再開については道教委と町教委などが協議し、24日までに判断する。町は21日夜に開いた同小の保護者説明会で、保護者や児童に連休中は外出を控えるよう呼び掛けた。

中富良野小学校のホームページによると、2019年10月時点で211名の生徒が在籍しており、報道の208人とほぼ人数が近いことから、中富良野小学校の可能性が高そうです。

1年生 28名
2年生 37名
3年生 38名
4年生 29名
5年生 37名
6年生 42名

(平成30年10月1日 現在)

出典元:中富良野小学校HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です