妖怪は、日本人が古くから抱いてきた、異界への恐れや不安感、
また”身近なもの”を慈いつくしむ心が造形化されたもの。

本展では、縄文時代の土偶から、平安・鎌倉時代の地獄絵、室町時代の絵巻、江戸時代の
浮世絵など、国宝・重要文化財を多数含む日本美術の名品により、日本人が恐れ、
愛してきた妖怪たちの姿を紹介します。

アイテム

「大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで」図録

販売価格 ¥2,300(税込)

購入はこちら